車両保険料を上手に節約するコツ

MENU
車両保険料を上手に節約するコツ

自分のために契約する自動車保険の中の車両保険

自動車保険を見直して保険料を抑えたいと考えた時に、一番初めに見直す補償内容が車両保険になります。車両保険とは、自分の車に対する損害の補償です。車両保険に加入していないと、事故を起こして車が破損しても賠償金額が支払われることはありません。ただ、車両保険は契約してもなくても相手に迷惑がかかることはないので、相手にしては特に問題もありません。問題があるのは自分自身への損害ですね。大きな事故を起こした場合や盗難、自然災害に合った場合は大損してしまうでしょう。また、相手の過失でおきた事故の場合は、相手の保険で補償してもらえると思う人もいるでしょうが、相手が自動車保険に加入していない場合は保障してもらうことはできません。車両保険は任意の自動車保険に含まれている補償ですが、任意保険に加入していない人も実際に少なくはないのです。この点も含めて車両保険の契約は検討しておくべきでしょう。

また、一口に車両保険といっても3つの種類があり「一般車両保険」「エコノミー+A」「エコノミー」に分けられます。一番補償が充実しているのが一般車両保険です。他車との事故、自損事故、当て逃げ、盗難、自然災害、火災・爆発、転倒・転落、いたずらなどの広範囲の損害に備えています。ただし、その分、保険料は割高です。次いでエコノミー+Aですが、一般車両保険の補償範囲である自損事故、当て逃げ、転落・転倒を除いたものを補償してくれます。エコノミーは他車との事故による損害だけを補償してくれます。保険料は一番安くなります。

Copyright (C)2017車両保険料を上手に節約するコツ.All rights reserved.