車両保険料を上手に節約するコツ

MENU
車両保険料を上手に節約するコツ

自動車保険は車両保険の免責金額の設定で負担も軽くなります。

自動車保険を少しでも安くしたいと思われたなら、車両保険の免責金額の設定に着目するのも一つの方法です。免責金額は保険会社にもよるのですが、何段階かに金額が設定されています。この金額を調整することで保険料を安くすることができるのです。免責金額はここまでは保険で、残りは自腹でという区切りの金額です。免責金額を低く設定すれば、自己負担の額は増えますが、保険料は安くなります。逆に金額を多めに設定すれば、車両事故を賄う分、保険料は高くなります。この免責金額の設定は加入時は少し高めで、無事故に応じて下げる方法がおすすめです。それは1年間、無事故であった場合、等級が一つ上がることで保険料も下がり、その下がった分を免責金額の設定に充てることができるからです。

車両保険は車両自体に掛かる補償なので、普段、どのような使用目的で車を使うかによっても設定は変わってきます。例えば、買い物中心での利用であれば、壁に少しこすった程度などが考えられ、その補修に掛かる費用も低額で済みます。その一方、仕事などでよう使う場合は少し高めに免責金額を設定した車両保険に加入すると安心です。使用頻度から車両事故を想定して金額を決めるのが免責金額のポイントです。ただ、この車両保険で注意したいのは保険金を請求する点で、請求した時点で等級も下がるので要注意です。等級が下がることは割引率も下がること。程度の軽い補修なら自己負担で済ませる方が保険料を高くせずに済みます。

Copyright (C)2017車両保険料を上手に節約するコツ.All rights reserved.