車両保険料を上手に節約するコツ

MENU
車両保険料を上手に節約するコツ

自動車保険の加入時に悩む車両保険は、節約のコツを活用

自動車保険に加入する時に車両保険を付けるか付けないかで悩む。確かに付けたほうが安心ではある。しかし、それを付ければ保険料がアップすることになるからだ。私は一度これに加入していない車で自爆事故を起こし、痛い目にあったので、それ以降ずうっと付けて保険に加入していた。この保険はもったいないという考え方もある。本来の任意保険は、車同士とか、人や物にぶつかった折にその損害を賠償するためのものだろう。自分の運転の過失で自分の車が壊れたのなら、多少我慢して乗るか、自腹を切ることになってもしょうがないという考えである。それはそれでひとつの考え方だろう。しかし、新車を購入した場合などは、やはり少しのへこみも気になるもの。車両保険を付けたくもなるだろう。でも、この不景気である。少しでも節約できるものであればやりたい。そんなこともあり、たまたま車も古くなってきたので、前回は付けない契約をした。次回の再契約の時も同じタイプで契約しようと思う。

車を乗り換えて、その車の査定額が、高いものになれば、また車両の部分を加えたこの保険を考えようかと思っている。仮に車両に対する保険を付ける場合でも、安く押さえるコツもあるようだ。たとえば、年齢条件である。年齢が高いほど若い人の運転よりも自己確立が少ないので、保険料も安くなるらしいのだ。それから本人限定にしたり、車を買うときにも安全装置をつけたものにするだけでもだいぶ違いがでるらしい。高い車や特殊な車で、もし修理などすれば高額になることがわかっている車であれば、間違いなくこの保険には加入したほうが無難なわけで、それならいくらかでも安くできる工面をすべきでしょう。もうひとつ、これには車が盗難などにあってしまった場合も保障されるのがありがたいことです。車の管理は慎重にやっているのでしょうが、相手はどこから狙っているかわかりません。そんな万一の場合、泣き寝入りすることがないことはメリットでしょう。保障はなるべく手厚く、掛け金は1円でも安くが何の保険でも賢い選択でしょう。

Copyright (C)2016車両保険料を上手に節約するコツ.All rights reserved.